金曜日, 7月 14, 2006

きっこのブログとジダン批判

最近気に入って見ていたきっこのブログでジダン批判が展開されていた。これは相当反響あるだろうな。ああ、やっちゃったかという感じ。そもそもきっこはジダンに対して「フランスのジダンていう選手」という程度の認識しかない。ジダンの人となりを知らずに、ただ暴力という手段にでたという1点だけで無条件に人として駄目というような結論を下していた。それじゃ村上世彰や堀江を射殺しろとかいってる自分をどう正当化するんだろう。

結局彼女はその程度の判断力で物事を見ているんだなということを再認識。ジダンという人間だからこそ、ラフプレーや汚い反則に対して強い怒りを感じるんだってことを少しは考えて欲しかったな。

自分の価値観にそぐわない人間を片っ端から批判してたらいつか彼女の支持者も批判のターゲットに入ってきてしまい、いずれ孤立するんじゃないかと思うんだけどね。まあそれでもいいと思って書いているんだろうけど。

0 件のコメント: