月曜日, 8月 28, 2006

映画短評

最近見た映画をまとめてコメント。採点は10点満点。

「サイレントヒル」5点
久々のホラー映画で、ゲームが原作ということで期待していたがいまいちだった。恐怖の演出がこちらの予想を下回るのに加えて最終的にはスプラッターに近いものに。まあ怖すぎるホラーは見てられないからそういう意味では助かったのだけど。。

「カクタス・ジャック」8点
傑作。2つのストーリーが絡み合う作りで、ガイ・リッチーの「ロック・ストック」や「スナッチ」が好きな人ならはまれるだろう。メキシコ的?なシンプルな笑いも分かりやすくて笑えた。

「狩人と犬」6点
大自然に感動した。多くの人がこのコメントを残すだろう。そう、他に誉めようがないのだ。狩人の生活を描いたドキュメンタリーに近いので、特に主人公に目的もないから起承転結もない。山ではこんな危険がありますよー、みたいなものがいくつか出てきてそれで終了だった。そういうものだと思って見に行けば、ロッキー山脈の景色は文句なしに素晴らしい。

「コンフィデンス」6点
これだけはDVDで鑑賞。ダスティン・ホフマンが好きなので見てみたが、詐欺を扱ったにしてはちょっとストーリー展開が分かりやす過ぎたような。敵が物足りなかったのか、主人公が大した詐欺師に見えなかった。あとダスティン・ホフマンに切れキャラは似合わないな。

今後の期待作は「カポーティ」と「ナチョ・リブレ」。特に「カポーティ」は予告編を見る限りかなり出来が良さそう。

月曜日, 8月 21, 2006

大トロ倶楽部

別に大した話じゃないのだけど、かつて週間ファミ通で片山まさゆきの 『大トロ倶楽部』という漫画が連載されていたのを覚えているだろうか。ゲームソフトを題材にした漫画で、個性豊かなキャラクターがいて個人的にもお気に入りだったのだが、この漫画に「番台 菜夢子(ばんだい・なむこ)」という人物が登場する。聞き覚えがあるなーと考えてみると、そう、現在のバンダイ・ナムコホールディングスなのである!

こりゃすげーやって思ったんだけど、ネタが古過ぎて誰も覚えてないかねw

野良猫

近所の野良猫に久々に再会。前回会ってからもう3ヶ月以上 経っているのではないだろうか。なんだか前より痩せたようで、結構苦労したんだろうなーなどと思いつつ、前ほど汚くもなかったので別な主人の世話にもなっていたようである。

とりあえず昔買っておいた餌をあげたが、あまりお気に召さなかったようで、食の進みが悪かった。まあそうは言っても食べたら部屋から出て行ってもらわないと困るのでとりあえず完食してもらって、外に出した。「出した」といっても普通にドアを開けても出ていってはくれないので、まず自分が外に出る。すると猫もついてくるのでしばらく外をぐるぐる回ってから家に戻ると猫はいなくなっているのである。

来るといつも餌をあげて帰ってもらっているけど、本当は何しにきてるんだろう。仕草や鳴き声の意味も分からないし、猫は笑ったりしないから気持ちがさっぱりわからない。甘えてくるのは本当にかわいいんだけどなー。

火曜日, 8月 08, 2006

バーバー

理髪師のことを英語で「barber」と 書く。

今まで「barbar」か「berber」だと勝手に思っていたので小さな驚きであった。

語尾が「er」で終わるということは、「~する人」のような使い方だろうか。じゃあ、「barb」は動詞なのか?
などといろいろ考えをめぐらし、調べてみることに。

【語源】barber は、もともと髪の毛を切らずに beards(あごひげ)だけを切った。beard はラテン語の barba からきている。 スペースアルクより

うーん全然違った。。。