水曜日, 1月 03, 2007

M-1グランプリ 2006 敗者復活戦 雑感

敗者復活戦を見に行ってきた。といってもクリスマスイブの話なので何をいまさらなわけだが、最近更新をしていなかったので雑感を。

敗者復活戦は有明コロシアムにて極寒の中行なわれ、結局ライセンスが決勝への切符を手にしたのだが、2005年よりも全体のレベルは高かったのではないか。自分の中ではライセンスともう一組、驚いたときのマスオさんをやっていたコンビが好きだったのだが、ライセンスはドラえもんネタ、一方がサザエさんネタではM-1がテレ朝であることを考えれば勝負は見えていたか。

結果はともかく気になったのは寒さ。敗者復活に臨む芸人が寒い思いをしながらも決勝進出を目指す、という設定は構わないのだが、客を入れているのだから客まで寒い思いをさせる必要はないだろう。はっきりいって時間帯によっては寒くてネタどころではない箇所もあったし。折角屋根のある有明コロシアムを選んだのは防寒の為ではなかったのか。2007年の改善を希望したい。

本線はビデオでの観戦となったがチュートリアルで文句なし。4分間という制限時間の中、開始から勢い良くスタートして細かい笑いを積み重ねていた。2005年優勝のアンタッチャブル、2006年優勝のブラマヨといいテンポ良く畳み掛ける漫才が優勝のポイントとなる模様。POISON GIRL BANDや東京ダイナマイトのような、じわじわくる笑いでの優勝は難しいのではないか。笑い飯も同様に、あのスタイルでは優勝までは難しいかと。正直いってダウンタウンでもこのルールでは優勝できないのではないかと思う。

2007年は麒麟が本命で対抗は特になし。個人的には東京ダイナマイトとトータルテンボスを応援したい。

0 件のコメント: