日曜日, 2月 18, 2007

VistaとSLI

ようやくWindows Vistaのインストールが完了。CDドライブからインストールしてネットワークができるように
なるまで1時間かからないくらいかな。自分の場合はウィルスソフトやらメール環境の復活など他にもいろいろ設定があったのでもう少しかかったけど。

インストール時にハードディスクが2つ接続されていると、インストールしたいディスクではないもう一方を読みに行き、「インストール出来るシステムボリュームが見つかりません」と表示される。この場合はインストールしたハードディスクのみ接続してインストールすることでうまくいくらしい。この情報をネットで調べなかったばかりにドライブをひとつ無駄に削除してしまった。。

今度は削除したドライブを復活させようと、シンプルボリュームの作成を選ぶと「空き領域が見つかりませんと表示される。」これはよくわからないがダイナミックボリュームに変換するとフォーマットできるようになった。

今回Vistaで期待していたことにSLI機能があった。去年グラフィックカードを2枚買ってSLIをやろうと思っていたが、Windows2000未対応というオチで、無駄に1枚カードがあまってる状態にだったのだが、ようやくVIstaでSLIを体験できる・・・・はずだったのだが、あれ?ぜんぜん認識されない。SLIに対応していないとSLIを有効にするメニューが表示されないのだが、いろいろ設定をいじってみたが、結局駄目で、もしかしてと思いネットで検索すると、Vistaでは現在SLI未対応の模様。。Vistaよお前もか。。

最新のカードではSLI対応のDriverのBeta版が出ているようだから、もうしばらく待てば対応してくれるのであろうか。それにしても当時結構高い金出してかったのに、一度も効力を発揮せずに1年経つとは。今ならもっと高性能なカードが同じ値段で買えることを考えるとなんとももったいない話だ。


Vistaで初期設定をいろいろやった感想を一言。「非常にわかりにくい」。

設定箇所を隠蔽してたどり着き難くしてしまったら、どんなに案内を多くしたって結局どこをいじればいいのかが分からんじゃないか。グラフィックは確かに向上したが、ユーザーインターフェースは使い難くなった。これは慣れの問題じゃないと思うよ。

0 件のコメント: