月曜日, 4月 02, 2007

『燃えよ剣』

司馬遼太郎の『燃えよ剣』を読んだ。新撰組の土方歳三を中心に、幕府側の立場から幕末を描いている。

何年か前に『竜馬が往く』を読んで以来、新撰組は憎むべき存在だったのだが、土方歳三という男の生き様には感動させられた。生地の甲州から最後の地である函館まで、とにかくこの小説での土方歳三はかっこいい。

と同時に、特に大きな思想を持たない彼らによって多くの志士たちが斬られていったことを考えるとなんとも余計なことをしてくれたなとも思うのだが。

0 件のコメント: