水曜日, 6月 13, 2007

Athron X2

一年ほど前に作成して自作PCがデュアルコアのCPUを乗せられることに気づき、いまさらながらにCPUを購入した。

AthronのSocket939は既に去年の秋ごろでシリーズの販売を終了しているらしく、シリーズ最高スペックの4800+ は入手困難な上に高価なので断念し、秋葉原の中古ショップで4200+を購入。

すでに同価格でより高性能なCPUが出ているものと思われるが、マザーボードまで買うのもアレなので、このマシンの最終パワーアップと考えよう。

とりあえず装着してみたけど、確かに動作が安定した気がする。CPUが100%になることがほとんど無くなり、サカつくOnlineの試合中継も、今までは最高の解像度ではカクカクして表示できなかったものがスムーズに表示されるようになった。


が、しばらくすると足元から爆音が。なんか掃除機並みなんですけど。。
どうやら一定の温度(負荷?)になるとファンの回転速度が上がるようだ。爆音中はとても作業する気になれないけど、逆に音でCPUの状態が分かるのはいいかもw

まあしばらく使ってみるか。

0 件のコメント: