火曜日, 7月 31, 2007

PCメンテナンス

家のパソコン2台のメンテナンス作業をした。

1つはWindowsマシンで、先日CPUをパワーアップしたところ、純正のFANが高負荷時には大音量になり耐え難かったので市販のCPUクーラーと交換することに。「SAMURAI Z」という市販品の中では小さい方のCPUクーラーを購入。それでも純正のFANよりは1回り大きい。

とりあえずの感想としては、非常に取り付けが簡単。純正クーラーで1時間近く格闘して装着したのが嘘のように、五分くらいで終了。

起動してみたところ、今のところ比較的静かなので一応正解だったかな。
心なしか起動が早くなった気がする。これは気のせいか?



もう1台はサーバー機の電源の交換。これは、シャットダウンしても電源が落ちずに勝手に起動するようになってしまっていたため。Owltechの「Modular 12CM Fan Series」を購入してみた。

電源も進化しているようで、ハードディスクやDVDドライブに電力を供給するためのケーブルが着脱式になっており、必要な分だけ装着することができるようになっていた。これでケース内がずいぶんとすっきりしたように思う。

こちらも無事動作を確認できたので作業は終了。

後はサーバーのOSを入れ替えないとな。
さて、いつやろうか・・・。

土曜日, 7月 28, 2007

レーゾンデートル

テレビで誰かが言っていたが意味が分からなかったので調べてみた。「存在理由」って意味らしい。だったら「存在理由」って言やいいじゃねーか。

木曜日, 7月 26, 2007

マッチポイント

DVDにて鑑賞。

ウディ・アレン作品を観るのは「ギター弾きの恋」以来じゃなかろうか。ストーリーはロクに知らずに、普通の恋愛映画だろうと思って観たのだが、全然想像していたような内容じゃなかった。テーマは「人生と運」についてだろうか。

登場人物は数人いるのだが、役柄のせいか、ほとんど主役の2人だけの映画じゃないかと思うほど2人の存在が目立っていた、というか他の役者の影が薄かった。こういう出る時間は多いけど消えてる役柄ってのもあるんだなーと妙に感心。

ウディ・アレンの次回作は今作に続いてスカーレット・ヨハンソンが主演だそうだが、巷で言われている、監督を虜にしたという理由だけじゃなく、「マッチ・ポイント」での彼女の役柄に対する監督自身の罪悪感とかもあるんじゃないかな。


最後に予告編について、観終わった後で海外版と日本版の両方の予告編を見たけれど、日本版は情報を出し過ぎている。展開の予測がつく程の映像が予告編で必要なのだろうか。それに対して海外版では序盤の見せられるところだけ出して、何が起こるかは分からない作りになっている。

観に行かせるためにそうしてるんだろうけど、楽しんで欲しいと思うならこれから観る人への配慮も必要じゃないだろうか。

日曜日, 7月 22, 2007

日本対オーストラリア

PK戦でなんとか突破。PKになったら負けると思っていたが、川口の活躍と、蹴るほうも失敗が高原のみという落ち着きで見事に勝利。思えばクラブチームでPK蹴ってるような人ばかりだったのでPK戦は意外と有利なのかも。

今回のアジアカップでの日本代表の戦いを見ていて、俺は非常につまらないサッカーをしていると思っているのだけど、マスコミ、ファン共々なかなか評価が高いようだ。なんでだろ。

相手選手がマークに来たときの日本の選手の選択肢は、基本的に横パスかバックパスのみ。誰一人としてドリブルで抜こうとしたり前方にいる選手にパスを通したりしない。そしてペナルティエリア内でも高原以外は大抵パスを選択する。完全なアウトボクシングだ。

コパ・アメリカのアルゼンチン代表なんか見てるとフォワードはボールをもったら勝負が基本だし、中盤の選手も基本的にしっかり1対1でボールをキープして前方へパスを出す。要するに逃げのパスがない。アルゼンチンと比べるのは間違いだろうけど、勝負してくれた方が断然面白い。

あの環境であれだけやれば上出来ということだろうか。まあ動くのもやっとなんだろうけど、ってそんな環境でサッカーやらせるのってどうなのって話にもなるのだが。


日本代表は応援しているし、これからも試合見るし優勝して欲しいと思っているが、やってるサッカーはつまらないと思う。そしてこれはオシムの問題じゃなくて、日本人の性格の問題なのだろうってのが大問題だ。

月曜日, 7月 16, 2007

コパ・アメリカ決勝を楽しむために

コパ・アメリカ決勝はブラジル対アルゼンチンだ。

この放送は日テレで深夜1時くらいから始まるのでそれまで結果を知らないようにすることに。

そうすると自分が普段見ているサイトで見られるページが相当限られる事に気づいた。
すげー不便。

金曜日, 7月 13, 2007

謎のPC

自宅のXPマシンで作業をしていると、知らないローカルアドレスから接続要求が。

とりあえず拒否しておいたが、自宅のマシンで設定しているはずのないアドレスからアクセス要求なんてあるのだろうかと思い、調査することに。

まず家にある3台のPCのうちVistaとXPの2台をシャットダウンしてもまだ謎のマシンは生きているようだ。ということはLinuxか?乗っ取られてXenでもう一台仮想PCでも動いているのだろうか。

もしかして自分の知らないPCがネットワークに繋がっている?家に侵入されたか?知らないとこにケーブルが繋がっているんじゃないか!?


などとあれこれ考えた末、ついに問題解決。プレステ3が電源入れっぱなしだった。チャンチャン。

水曜日, 7月 04, 2007

iGoogleとGoogleガジェット

自宅のWebブラウザのトップページをiGoogleにしてみた。ニュースサイトとGoogleMail、GoogleMap、YouTubeなどが1つの画面にまとめて表示されるようになり、情報収集が多少楽になったような気がする。

巡回するサイトは決まっているわけだから、Google提供のものだけでなく、自分がよく行くサイトも簡単に見ることができるとより使いやすさが増すだろう。

一方で、Googleはポータルまで初めてしまったのかーという思いもある。なんでもかんでもGoogleが提供してしまうのではWebアプリを開発する側としてはつらいものがある。どうしても比べられてしまうし。とにかくGoogleは出てくるのが早い。


また、Googleガジェットも入れてみた。こちらはWindows Vistaとまったく一緒だな。どっちが先かは分からないけど。で、表示する内容はiGoogleとほとんど同じ。ローカルファイルにアクセスできる分だけGoogleガジェットの方がツールに幅があるか。

ただ、あくまでもサイドバーなので一度に表示できる情報量は限られるし、簡単にガジェットを切り替えて、というわけにもいかないのが欠点かな。


できることがあまり変わらないので、最後は好みの問題になりそうだが、表示できる情報は少ないけど、横にいるだけで作業の邪魔にならない分Googleガジェットの方が利用しやすいかな。

月曜日, 7月 02, 2007

Eclipce3.3

Eclipse3.3がリリースされていた。

今回からJavaとC/C++とPlugin開発のモジュールが別になった模様。まあJavaの開発だけが目的なら他は必要ないのと、ファイルサイズが大きくなりすぎたのだろう。とりあえずJavaだけダウンロードして使ってみることにしよう。

Googleトランジット

GoogleがGoogle Mapに続いて Googleトランジット のサービスを開始した。

内容としては、現在地と行き先を入力するとGoogleMap上に道順を表示してくれるってものなんだけど、これがなかなか便利。

渋谷⇒六本木ヒルズのように、はっきり道順が出るものばかりじゃないけど、住所を入力すればそこまで矢印を引いてくれる。

これは会社のホームページとかでも積極的に利用すべきだよ。