水曜日, 7月 04, 2007

iGoogleとGoogleガジェット

自宅のWebブラウザのトップページをiGoogleにしてみた。ニュースサイトとGoogleMail、GoogleMap、YouTubeなどが1つの画面にまとめて表示されるようになり、情報収集が多少楽になったような気がする。

巡回するサイトは決まっているわけだから、Google提供のものだけでなく、自分がよく行くサイトも簡単に見ることができるとより使いやすさが増すだろう。

一方で、Googleはポータルまで初めてしまったのかーという思いもある。なんでもかんでもGoogleが提供してしまうのではWebアプリを開発する側としてはつらいものがある。どうしても比べられてしまうし。とにかくGoogleは出てくるのが早い。


また、Googleガジェットも入れてみた。こちらはWindows Vistaとまったく一緒だな。どっちが先かは分からないけど。で、表示する内容はiGoogleとほとんど同じ。ローカルファイルにアクセスできる分だけGoogleガジェットの方がツールに幅があるか。

ただ、あくまでもサイドバーなので一度に表示できる情報量は限られるし、簡単にガジェットを切り替えて、というわけにもいかないのが欠点かな。


できることがあまり変わらないので、最後は好みの問題になりそうだが、表示できる情報は少ないけど、横にいるだけで作業の邪魔にならない分Googleガジェットの方が利用しやすいかな。

0 件のコメント: