月曜日, 12月 22, 2008

M-1 2008 敗者復活

今年もM-1の敗者復活戦に行ってきた。

今回は敗者復活戦をより楽しむために、そしてすぐに忘れてしまう自分のために全員の採点をしてみた。評価は10点満点、寸評は観客席から見た素人(俺)の主観である。表示はネタ順。
※反省 点数はつけたが寸評を書かなかったからネタが思い出せない芸人には寸評が書けない・・・。

【前半】
1 プラスマイナス 7点
 以前とは変わってオーソドックスなスタイル。去年よりうまくなってた。
2 ダブルネーム 5点
3 オリエンタルラジオ 6点
 展開はうまいが笑いはそこそこ
4 天竺鼠 7点
5 とろサーモン 7点
 ペットショップネタ。彼らは安定して面白い。今回は小さな笑い多し。
6 ベリーベリー 5点
7 天津 8点
 寿司好き少女ネタ。良作 
8 チーモンチョーチュー 7点
9 ハイキングウォーキング 8点
 ファミレスネタ。個人的に好きなのでやや甘め。決勝は厳しいか
10 パンクブーブー 7点
 服屋の店員ネタ。
11 カナリア 7点
12 ぷくぷく隊 5点
13 ソーセージ 4点
14 鎌鼬(かまいたち) 7点
15 ヘッドライト 6点
16 マジカルラブリー 7点
17 ソラシド 6点
18 囲碁将棋 4点
19 我が家 6点
 順番に入れ替わるいつものパターン。確立されているが高得点は難しい。
20 マシンガンズ 7点
 悪口や不満中心に叫びまくる。好き嫌いは分かれるが個人的には好き。
21 千鳥 8点
 歌のレッスンネタ。凄く好き。前半ではかなりいいほう。
22 スペースゴリラ 4点
23 流れ星 7点
 ツンデレネタ。
24 ピース 5点
25 物言い 5点
26 ギャロップ 6点
27 パプア 4点
28 ジャルジャル 7点
 彼らのネタは独創的で他の芸人とかぶらない。だが爆発力不足か。
29 スーパーマラドーナ 5点

【前半の感想】
日差しが強くて暑い中での前半戦。観客に与える影響は悪く、後半の盛り上がりに比べて不運な面があった気がする。そんな中で個人的には天津、ハイキングウォーキング、千鳥が良いと思った。

【後半】
30 麒麟 9点
 うまい。
31 ノンスモーキン 7点
32 ゆったり感 7点
33 磁石 8点
 彼らも面白いし安定してるんだけど、キャラが薄い印象。コンビ名も記憶に残りにくい。
34 藤崎マーケット 8点
 鼻毛ネタ。鼻毛で4分上手に使っていた。前回のだだスベリとは打って変わって好印象。
35 ハリセンボン 9点
 キャラで押していく面もあったが笑いは大きかったように思うので好評価。
36 南海キャンディーズ 9点
 海岸の恋人ネタ。山ちゃんの一言突っ込み方は好きだな。
37 オードリー 8点
 面白かったが好きな系統の漫才ではなかった。ネタ終了後の客席のどよめきがその後の展開を予感させた。
38 ハマカーン 8点
39 ハライチ 8点
 今回最大の発見。ボケに対して突込みがないノリだけの漫才だがテンポが速く後半一気に面白くなった。キャラとネタが認知されてくれば化けるかも。女性人気は期待できないが今後に期待。
40 ラフコントロール 7点
 金の斧、銀の斧ネタ。使い古されたテーマだが笑えた。
41 スピードワゴン 7点
42 クロンモロン 7点
 ネタは面白かったが後半はテレビでやるにはダーク過ぎるかと。普通に引くケースあり。
43 ミサイルマン 6点
44 ジパング上陸作戦 6点
45 Poison Girl Band 8点
 カラオケネタ。いい意味で予想を裏切る展開。ぶっ飛んでて好きだな。
46 スマイル 5点
47 銀シャリ 6点
48 風藤松原 6点
49 ブレーメン 6点
50 アジアン 6点
51 タイムマシーン3号 8点
 おなじみのデブネタ。かなり顔が変わった印象。
52 髭男爵 6点
53 ケツカッチン 5点
54 響 7点
55 イシバシハザマ 8点
 いつもの突っ込みをストーリー仕立てで。良い出来だった。
56 エルシャカラーニ 5点
57 Wエンジン 5点
 ツボの外
58 東京ダイナマイト 8点
 ぶたまんネタ。登場だけで盛り上がる。好きだけど決勝は難しいかな。

【後半の感想】
後半早々太陽が隠れ、漫才に集中しやすい環境に。麒麟、ハリセン、南海など有名どころが集中した時間帯は皆レベルが高く甲乙つけがたい展開だった。その相乗効果で客席が出来上がってきていたのも大きかったと思う。そんなわけで前半よりも高得点が多くなった。


【全体の感想】
個人的な敗者復活候補は

・麒麟
・ハリセンボン
・南海キャンディーズ

オードリーも良かったけど、一番では無かったような。ハライチは今回初めて見たけど今後に期待。

今回は笑いどころが全く無い、というコンビが非常に少なく、全体的にレベルが上がっている印象を受けた。ただ4分間テンポ良く笑わせ続ける、というのは難しいらしく、前半が良くても後半息切れしたり、その逆だったりといったケースも目に付いた。そんな中で今年は既にメジャーとなっている芸人が多数敗者復活に参加していたが、彼らは流石にその辺を心得ているせいか、他の芸人よりも1ランク上のネタを披露していたように思う。

今年で4年連続で敗者復活戦を見に来てるけど、今まで見たなかで1番面白かった。

火曜日, 12月 09, 2008

M-1グランプリ2008

決勝メンバーが発表された。

キングコング(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
ザ・パンチ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
ダイアン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
ナイツ(マセキ芸能社)
NON STYLE(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
モンスターエンジン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
U字工事(アミーパーク)
笑い飯(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)

・・・なんか面子がしょぼいな。なせキンコンがいるの?
キングコング、もしくは笑い飯を勝たせたいという主催者側の思惑を感じなくもない。
ダイアンとナイツ、そして敗者復活に期待か。

日曜日, 11月 30, 2008

メッシのアメブロ

バルセロナ、そしてアルゼンチンの至宝、メッシのブログがまさかアメブロで登場だなんて。
http://ameblo.jp/leo-messi/

日曜日, 11月 23, 2008

新型インフルエンザ

親戚から警告がきたので調べてみた。まだ発生すらしてないみたいだけど一応注意かな。
厚生労働省のページ

怪音ハードディスク

自宅機のHDからヤバイ音がする。
この種の音が聞こえ始めたらディスクは終了のパターンだからデータを逃がさないといかんな。
仕方ない、RAIDを買ってくるか。うーん金が無いって時に・・・。

火曜日, 11月 18, 2008

つながるつながる


→中学・高校時代の友人
→友人がかかわっているSeasarプロジェクト代表のひがやすおさん
→ひがやすおさんに雑誌でインタビューしたアルファブロガーの小飼弾さん
→小飼弾さんの元上司だったホリエモン

ホリエモンにつながってみた。
そこから吉川ひなのへ繋がるな。

つながるつながる

俺。
→俺の担当の美容師さん。
→美容師さんのお客さんのとある芸人。
→芸人の出ている番組の司会は今田耕司。
→今田耕司の先輩は松本人志。

ということで松本人志まで4人でいけた。

火曜日, 10月 14, 2008

Groovy イン・アクション


書店で発見したので早速購入。「イン・アクション」シリーズはオライリー本と並んでお気に入りなのだ。

遅ればせながら初Groovyなわけだが、「Hello World」から始まるさわりの部分は非常に楽しかった。

今までは「JavaVM上で動くスクリプト言語」程度の認識しかなかったのだけど、使ってみるとJavaと非常にうまく融合していることが分かる。簡単に言うと、Javaの構文、ライブラリがそのまま使えて、かつスクリプト言語のように変数の型宣言が省略可能になっている。

Eclipseに親しんだ人なら「ScrapBook Page」という便利なファイルをご存知だろうが、あんな感じでクラスを宣言せずにコードの断片を書いて、実行できる。もちろんクラスのインポートも不要だ。

実際にGroovyを職場の開発案件に組み込むのは難しいと思うけど、ちょっとしたコードの確認をしたいとか、Java言語を使ってShellのように簡単な仕事をさせたい場合には非常に重宝するだろう。

という訳でJava使いにとってGroovyはJavaの短所を補う必携のスキルなんではないだろうか。


「イン・アクション」シリーズは日本語版は少ないけど、アメリカでは結構種類が出ているので邦訳をどんどんして欲しいな。

水曜日, 10月 01, 2008

魔裟斗vs.佐藤

規定ラウンド終了後、謎の発表遅れからのドロー判定。魔裟斗は2Rは良かったけど、3Rでダウンしてたからね。微妙な感じ。どうしても疑ってしまう、TBSだし。TBS最悪。

土曜日, 9月 27, 2008

ヤマダ電機はビックカメラの息の根を止めるか

ヤマダ電機が三越池袋店跡に進出だそうな。
俺の目には戦争的行為的な経営戦略に見えるのだが・・・。

本格的な都心進出を狙うヤマダは、足がかりとして業界5位のビックカメラに狙いを定めたようだ。

ビックカメラ本店横のLABIから始まり、同じくビックのある有楽町駅隣の新橋駅に2点、さらに渋谷店のオープンと今回のニュースと続き、オセロゲームのような配置が目立つ。

ここから分かるはビックとの共存するつもりはハナからなく、ビックをつぶしてその顧客を得たいということだろう。将来的には買収を見込んでいる可能性も高い。


池袋に長くかかわりがあるので、個人的には池袋に本店を構えるビックカメラに愛着がある。
それを外から力づくで攻め落とそうとしているヤマダには好感が持てない。


俺が何を言ったところで、消費者は安い方を買うだろう。戦略的にも正しい行為なのだろう。ビックの店員も決して質が高いとは言えない。それでも心情的にはビックカメラを応援したい。

というわけで
ビックカメラには是非ともこの難局を乗り越えてもらいたい。

金曜日, 9月 26, 2008

FX投資

週末にFX、信用取引、eワラント、日経225と4つの投資系の入門書を購入。

どんな金融商品でもやってみないとわからない、何事も勉強、ということでFXの口座を開設しようと申請したのだが、ジョインベスト証券にあっさり断られ、出鼻をくじかれた。

株での運用実績などからみて経験不足と判断されたのだろう。危ないという判断をしたのは理解できるが、実際は自分が低く評価された時点で不快感でいっぱいだ。何様やねん、と。

否認理由が分からないから再申請もしていいのか不明だし。


別なところも同時に検討中ではあるが、
そちらの審査は通るのだろうか・・・。

金曜日, 9月 19, 2008

やりすぎコージー ゴールデン進出

「やりすぎコージー」が10月から月9に移動だそうな。
これは一時的なものだろうか。
「カンブリア宮殿」など真面目な内容の前になんて番組を・・・。

ゴールデン向きにトーンダウンして終わらないといいけど。
http://www.tv-tokyo.co.jp/yarisugijp/080913pop.html?pop_07

月曜日, 9月 15, 2008

電子化はどこまでゆくか

最近CDをレンタルしてハードディスクに入れてPCで聞くようになった。

まあ今更な話ではあるのだが、HDという記憶媒体の大容量化によって音楽データのみならず映像までもHDに入れておくことが可能になった。

そしてこの大容量化は劇的に人々の生活を変えてゆくきっかけとなるのではないかと思う。

まずCDやDVDをHDに入れるメリットはいつでもPCで聞ける、見られるという事だけではなく、スペースの節約になるということである。

これまではCDでもアルバム100枚も持っていればどうしてもそれを収納する物が必要になる。それ専用の棚やケースも売られているが、まずそれがHD1つに収まるようになる。大きな家に住むアメリカなどならいざ知らず、狭い部屋で暮らす日本人には省スペース化のメリットは大きい。

そうなるともうひとつ電子化が可能で家のスペースをとっているものがある。本棚だ。
すべての書籍を電子化してしまえば、この本を置くためのかなりのスペースや高価な棚が不要になる。地震が来て本棚が倒れるといった心配も不要だ。

省スペース化の一方、ゲームは既に一部でダウンロード販売が始まっているが、いずれ本、DVDも本格的にダウンロード販売に移行していくことだろう。

すると何が起こるか?
まず不要になる施設だが、本屋、図書館は必要なくなるか、無人化が可能だろう。コンビニでもマンガを売らなくなるかダウンロード販売するようになる。レンタルビデオ店も不要だ。現在はWebで注文してDVDが届くサービスをしているが、DVDは不要になるだろう。CD・DVDショップもほぼ不要だ。視聴コーナーだけであとは直接自分の携帯音楽プレーヤーにインストール販売だ。もしかしたら直販が可能になり仲介業者は存在できなくなるかもしれない。

姿を変えそうなものについても考えてみる。
映画は劇場公開を待たずに見られるようになる。映画館は電子化された映像を大迫力で見るための空間となり、料金は劇的に安くなる。カフェはネットカフェの要素を取り入れオープンな電子スペースへと姿を変える。テレビは時間にあわせた放送をする意味がなくなり、見たい番組を選択して好きな時間に何度でも見られるようになる。

さらにそれに連動して様々な作用が次々と起こる。人間の活動は便利であれば多少の障害があろうともそこへ向かう。大きく変わらないのは衣・食・住という基本的活動くらいか。

自分の生きている間にどこまで変わるのか楽しみだ。

木曜日, 9月 11, 2008

「ビーフカレーインド風」


「ビーフカレーインド風」忘れようも覚えようもない斬新な名前。まさにそのまんまだ。

N2ショッピング内のタカノコーヒーで取り扱っている一品。カレーを扱っているコーヒー屋さんが以外と多いのはなぜだろう。相性がいい気もあまりしないけど。。

引越し祝いでもらった(感謝)のだが、程よい辛さでおいしく頂きました。

プリングルス スモーキーサラミ味


大好きなプリングルスの期間限定新メニュー。
まあまあかな。味が強く、次から次へと食べたくなるのは相変わらず。

「現代の金融政策」白川方明


現在の日銀総裁が偶然にも総裁就任直前に出した本。金融について学んでいるところで、非常に勉強になりそうなので買ってみたが会社に置いてきてまだ1行も読んでない。下巻もあるのでどこかで時間を見つけてじっくり取り組もう。

考える技術・書く技術


今まで店頭に並んでいても興味が湧かなかったのだが、心境の変化から読んでみることにした。文章の構成を主題を頂点としたピラミッド構造にすると読み手に対して分かりやすい文章になる、ということらしい。

この本を読んでブログを通じて文章力を鍛えようと考えているが、どうにも本が読み進まないのは内緒だ。

日曜日, 8月 24, 2008

サンボマスター

サンボマスターのPVは面白い。見ていて心まで届く。
「美しき人間の日々」

「そのぬくもりに用がある」

火曜日, 7月 22, 2008

靴下

先日ポール・スミスで靴下を買ったのだが、翌日履いた1日で親指に穴が空いた。1500円近くしたんだが・・・。薄手なのが気に入っていたが、もう少し強く作ってくれないと。

土曜日, 7月 12, 2008

夕食にて

家につき、米を炊こうかと思い炊飯ジャーをあけたら昨日といだ米が炊かれずにそのまま残っていた。

一瞬戸惑ったものの、一応水だけ交換してそのまま食べることに。

俺は昨日何食べて寝たんだっけ・・・。

火曜日, 7月 08, 2008

ビールと頭痛

昨日会社の人と食事をし、ビールを大きめのグラスで2杯飲んだのだが、朝方ひどい頭痛に見舞われた。

さすがにビール2杯で頭痛にはならんだろう、と不思議に思ってネットで調べてみたらビールの銘柄によっては頭痛をもたらすものがあるらしい。

相性かなんかわからないけど、いずれにせよ昨日飲んだビールの銘柄確認しとくんだった。

金曜日, 6月 13, 2008

メタルギアソリッド4


誘惑に負けてつい予約。コナミスタイルで1週間前に予約したけど、さすが開発元だけあって発売日の朝9時には家に届いた。

じっくり取り組むとしよう。

におわ納豆


みつかんはいろんな種類の納豆を作っているなー。という事でにおわ納豆。納豆のにおいはしないが大体最近のはそれほど匂わないような気も。

納豆のにおいが嫌いという人は多いと思うけど、納豆が嫌いな人は匂いだけで買わないわけじゃないと思うので、顧客の新規開拓というよりは既存ユーザーの不満に応えるという狙いか。

匂いはいいから味の追求を求む。

木曜日, 6月 12, 2008

とろーりタマゴ入り醤油だれ


通常の醤油だれにタマゴが入ってとろーっとした感じになっている。とろみが若干強すぎるような。

俺は通常タマゴをご飯にかけ、その上で納豆をかけて食べてるのでタマゴ入り醤油は不要なのであった。

とろっ豆


すでに醗酵している納豆をさらにとろとろにってのがなんだか不安をあおるものの、なかなか美味しい1品。

月曜日, 6月 02, 2008

大日本人

ふと思ったのだが、大日本人の海外上映はどうなったのだろうか。去年の今頃は海外から上映オファー殺到とか記事も出ていたのだが。


そういえば、
今日は『ガキの使い』で久々にサイレントライブラリーがやっていたな。
YouTubeを震源とする、海外でのSilentlibrary人気に乗じての事だろうか。
三谷幸喜への「鼻わさび」は強烈だったなー。

土曜日, 5月 31, 2008

Amazonでお買い物

友人から頼まれて中古のマンガをAmazonから購入。Amazonは初めての利用だったのだけど、入力フォームが使い難かった。

さらに、全3巻の中古本なのだけど、セット価格よりバラ売りしてるのを同じ店から買った方が安かったのでそっちで注文したところ、送料がすべて別で加算されて表示された。いやいやいや、一括で配送するんだから、どう考えてもこの送料かからないよね?

結局送料には納得いかないものの、その送料込みでも最安値だったから注文したけど、その直後に注文状況を確認すると「該当する注文はありません」と出る。で、他のサイトで同じ現象が発生していないか色々調べたあと、再度注文状況を見たら表示された。どうやら5分から10分ごとにバッチで更新しているようだ。うーん、こういうのはリアルタイムでやって欲しいとこだな。

このシステムの作りはどうかと思うよ。

月曜日, 5月 26, 2008

Gyao ShowTime

引越し先のマンションがGyao光に接続している関係で、ShowTimeが見られるようになった(というより強制的に管理費から引かれる)。このShowTime、家にいながら好きな時に好きな動画が見られるのはいいんだけど、値段が高い。人気の無いのや時間の短い動画なら105円で見たりできるけど、通常のだと315円以上する。「LOST」などの海外ドラマなんて1話でこの値段だから、だったら多少不便でも借りてこようという気になる。

なぜせっかくネット配信という在庫を抱えないシステムにしているにもかかわらず価格に転化しないのか。またはビデオレンタルよりも価格を抑えるか同じにすれば比較優位に立てるにもかかわらずそれをしないのか。


一見便利だが積極的に使う気がしない。むしろ腹の立つサービスである。なぜって思われるようなサービスを提供するなよ。というわけで大幅値下げ希望。

月曜日, 5月 19, 2008

引越しますた

9年間の住み慣れた家を離れ、新しい住処へ。
新たな環境で新たなスタートを切ることになった。

まあとりあえず日当たりが改善したのと浴室乾燥機は
便利だな、と。

立地もいいし、エンジョイできそうだ。

日曜日, 4月 27, 2008

カンフー・ハッスル

フジテレビで放送していたので何気なく見ていたが面白かった。チャウ・シンチー監督の笑いはどことなく日本の笑いに近いような気がするな。

それよりもシンチー演じる主役のキャラがユースケ・サンタマリアに似てた。他にもリリー・フランキーぽい人とか、バナナマンの設楽統っぽいマフィアのボスとか、六平直政っぽい最強の殺し屋とか有名人似の登場人物もちらほら。日本版が作れそうな勢いだった。

日曜日, 4月 06, 2008

「もはやパンに挟めそうな具材はすべて挟んでしまった」

ロッテリア商品開発現場より。

ロッテリアが過去10年で130種類ものハンバーガーを作ってきたことにいて。

・・・・・・日経ビジネス 08.3.31日号 『2つ星シェフ、企業を再生』

土曜日, 4月 05, 2008

ヨード卵 光


6パックで300円弱。1個約50円。

近所のスーパーでは一番高いだけあって味が濃くて美味しかった。

高い卵を買って気づいたのは高い卵は殻の割れ方からして違うということ。安い卵だと殻が薄くて弱いのだけど、ヨード卵光は殻が丈夫で、しかも一回できれいに割れる。

これは食べてる物が他の鶏とは違うな。

国産やわらか納豆


3パックで98円。

「小粒」と書いてある割には、粒は大きめ。透明シートは納豆が付くこともなく取りやすかった。

食べた印象としては、粒が大きい分口の中で豆を砕いている感(豆が硬い?)があり、個人的には、もっと小粒の方が良いかと。味ついてはもっと甘みが欲しいかな。

国産本小粒


2パックで230円くらいだったかな。

高い割りに容器のいまいち。納豆の上の透明シートの上にさらにビニールの蓋がついている。この蓋をはがそうとすると透明シートも一緒についてきてしまい、納豆がくっつく上にそのシートの間には醤油とカラシがはいっていてそれが取りにくい。

味は薄めでやや甘みが感じられる程度か。

月曜日, 3月 31, 2008

人間研究所

無料で性格診断できるとのことなのでやってみた。

結果は……


No.120 フリータータイプ!!


ってどういうことやねん。ちゃんと働いてるっつーの! ま、サラリーマン向きじゃないのは認めるけど。

日曜日, 3月 30, 2008

グリーンスクリーン?

ノートPCでExcelの作業中、突如画面がブルースクリーンならぬ緑1色のグリーンスクリーンになった。エラーメッセージが表示されるわけでもなく、かといって復活する気配もなかったのでとりあえず強制的に再起動したが、原因はなんだったのだろう。

とりあえず再発したら画面を写真に収めておこう。PCの故障とかじゃないといいけど、可能性高し。

木曜日, 3月 27, 2008

映画タイトル命名権

サントリーが映画タイトルの命名権を取得したそうな。映画のサブタイトルなどにサントリーの商品名をつけたり、映画上でサントリーの飲み物を飲んだりするらしい。

これって最低な試みなんじゃないだろうか。これが成立するのは、まず商品ありきの企画の映画であるか、監督、脚本家の意に反して押し込むか、監督または脚本家が「リアルなお金の話」を理解して行動した場合になる。

よって映画の作品性を壊すことはあっても強化することはないから、そもそもB級映画じゃないと成立しにくい。

あえて有効な場合を考えるなら新人監督が低予算で映画を作りたい場合だろうか?それも魂を一部売って映画を作ってるような気がするのだが。

月曜日, 3月 24, 2008

ネルソン・ピケJr

何気なくF1を見てみたらネルソン・ピケJrが走ってた。

中学生の頃に始めてF1を見て、最初にファンになったベネトンチームでドライバーを務めていたのがピケだった。

中嶋Jrもそうだけど、もう息子がF1で争うような時代になってるんだなー、などと父親の現役時代を知ってる者としては感慨深いものがある。感慨ついでにWikipediaでネルソン・ピケについて調べてしまった。おー、ロベルト・モレノの事まで書いてある。ナツカシス。

ピケJrはルノーか。これからは彼を応援することにしよう。

馬は血で走るなんて言うけど、人間も十分血が関係してるよな。

土曜日, 3月 22, 2008

メタルギアソリッド4 ブログパーツ

メタルギアソリッド4の発売日が決定。それに伴いサイトもオープンしていたので行ってみると、ブログパーツが置いてあった。

せっかくなので"はてな?"のブログに置こうとしたけど、使ってはいけないスクリプトらしく、エラーで断念。という訳で本ブログにおいてみました。

・カウントダウン
・プロモーションムービー
・コメント

などの機能がついてます。

月曜日, 3月 17, 2008

Vista WindowsUpdateで無限再起動突入

Vistaをインストールし、WindowsUpdateをシステムに任せていたらUpdate途中で再起動を繰り返すようになった。

Webで調べてみると、どうやら既知の問題らしい。
http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/949358

2月の話題なのに今になっても再現するってどういう事よ。
解決方法はWindowsUpdateを手動で行うこと・・・って、それでいいのかマイクロソフト。

日曜日, 3月 16, 2008

Vistaの管理者

Vistaでソフトのインストールや設定変更をしようとするといちいち確認画面がでてきて非常にうざい。これはユーザーアカウント制御(UAC)というらしい。


こんなうざい機能は必要がないので、はずしてしまおう。まず下記にアクセスする。


コントロール パネル\ユーザー アカウントと家族のための安全設定\ユーザー アカウント\ユーザーアカウント制御の有効化または無効化


画像の画面が表示されたらチェックを外して再起動すれば終了。

OS再インストール

我が家のメインマシンが起動時にブルースクリーンになって立ち上がらなくなってしまったので、これを機会に500Gのハードディスクを購入。再度OSを入れなおした。また1から各ソフトのインストールをせねば。

そして、これに伴いVistaのいけてない初期設定も復活。
Vistaは最低だ。このOSはユーザーにストレスを与えるために作られたんだと思う。

火曜日, 3月 11, 2008

The Truth About Love

信じていた夫に浮気された妻が、本当の愛を見つけるお話。

ジェニファー・ラブ・ヒューイット目当てで鑑賞。コカ・コーラのCMで見たときは衝撃的だったが、この人は当たり役が無いような。といいつつ借りてしまうわけだが。

(以下ネタバレ)
途中のストーリーはどうでもいいのだが、最後のオチが納得いかん。ジェニファーは夫の親友からの告白を断り、しかも友達以上の好きという感情は芽生えていないのに、なぜか彼から別れの手紙をもらった途端に追いかけ始めて、しかも最後に「愛してる」って。なんでやねん!ちょっと前にあっさり振ってたやん。

そんなこじつけなストーリーはかなりアウトだったが、ジェニファー・ラブ・ヒューイットは彼女なりに頑張っていたと思う。

DVDにて鑑賞。 5点(評価は10点満点です)

月曜日, 3月 10, 2008

ボルベール(帰郷)

若くして両親と死に別れた主人公が、生まれ故郷への帰郷を通じて自分の人生の秘密に出会う。

ペネロペ・クルス目当てで鑑賞。女性達の淡々とした生活を描いた映画かと思ってみたら、結構違っていた。彼女達には皆過去があり、それぞれ痛みを抱えつつも、したたかに生き抜く女性の強さが描かれている。

ペドロ・アルモドバル監督は女性をテーマにした作品が多かったので、てっきり女の人かと思っていたら、えらいおっさんだった。よく考えたらペドロは男の名前か。

ペネロペ・クルスは魅力的だったなー。
そして、映画は予告編を見ない方が面白い。

DVDにて鑑賞。 8点(評価は10点満点です)

木曜日, 3月 06, 2008

結果は後からついてくる

物事を後回しにしない
思いついたアイデアは実行に移す

ただひたすらに体に鞭を打ち
行動力で勝負する

結果は後からついてくる

火曜日, 3月 04, 2008

環境と経験値

現在仕事でお世話になっている大手の会社では、25歳くらいの社員の人達と一緒に仕事をしている。

彼らは大学を卒業してすぐに様々な会議や発表会などに参加し、ドキュメントの作成やら打ち合わせの進行などを任されながら日々鍛えられていく。彼らの先輩達も普通では出会えないような凄い人物ばかりだから得るのもの大きいだろう。

俺が25歳のころは上司に言われたことだけやっていたような何も考えていないような社員だった気がするから、この差は大きいだろう。

自分は今まで大手の会社で働くことに興味を持ったことすらなかったが、こうして内側から見て思うのは、会社の大きさよりも、そこで得られる経験や、優秀な人に出会えることが何より大きいとうことだ。

自分を成長させたかったら自分より優秀な人の近くにいた方がいい。成功している会社にはそういう人物が大勢いる。もちろん要求も高いが、それを克服した場合には自分の経験になる。

もし自分の会社を物足りなく感じていたら、今すぐ転職した方がいい。より難しい環境でより高いレベルの経験を得る。そして自分を成長させていくのだ。

PC故障

自宅のデスクトップPCが立ち上がらなくなった。
正確には、起動途中でブルースクリーンになって再起動がかかってしまう。

調べてみると、どうやらCドライブに問題があるらしい。セーフモードにしていろいろ回復を試みたがなかなかうまくいかない。うーん、どうしたものか。

とりあえずメールはノートPCの方から受信できるのでなんとかなるが、復旧には時間がかかりそう。

日曜日, 3月 02, 2008

バキ

今週号で烈海王が片足を食べられちゃってる・・・。

漫画と分かっていても見ていてつらいものがある。
こういうのは共食いを避けるため、人間の本能として備わっているものなのだろう。

烈は片足で済んだけど、ラーメンマンに殺されてラーメンにされちゃった
ブロッケンマンもいるわけで、あれも随分と過激な表現だったよな。

新聞のレイアウト

朝晩の通勤・時に電車の中で日経新聞を読んでいるのだが、基本的に新聞を縦に二つ折りにして読むことになる。

その際、記事のレイアウトによっては折れた部分をまたぐことになり、非常に読みにくい。

そもそも電車の中で読まれる新聞としては日経新聞が多いのだろうから、まず1ページを上下左右に4等分したとこからレイアウトを始めてもらえないだろうか。

これは要望というよりも、なぜそうしないの?といった気分である。

ビデ倫

ビデ倫の審査員が審査基準緩和によるわいせつ図画販売ほう助容疑で逮捕された事件。妙にニュースで取り上げられてるのには何か意図があるのだろうか。

最近のモザイク処理の基準は確かに甘くなってきている。が、ビデ倫よりも審査基準のより甘いインディーズのDVDが出ている以上、利用者がどちらを求めるかは明白であり、ビデオメーカーもそれに対応しないと生き残れない。
さらに言うとインターネットの広がりにより、無修正物も簡単に入手できるようになっている現在、インディーズですら従来の方法では生き残るのが大変になってくるのは想像に難くない。

警察が何を目的として逮捕に至ったのかは分からないが、モザイクの有無なんかよりも、スカトロ、盗撮、痴漢、さらにはレイプなどのビデオが平然と売られている現状の方が問題と思うのだが。だいたい痴漢や露出なんて現行犯じゃなくてもビデオ自体が証拠物件では?

この種の規制は需要側となる男性に期待しても無駄なので女性の声が必要になるだろう。女性の政治家さんや活動家の人達はビデ倫事件ついでにアダルトビデオの現状を調査してみてはいかがだろうか。

木曜日, 2月 28, 2008

どのくらいバカだったら

どのくらいバカだったら、不特定多数の人間に迷惑メールを送る気になるのだろうか
どのくらいバカだったら、給食費を払わなくてよいという結論に至るのだろうか
どのくらいバカだったら、道端にガムを吐き捨てるのだろうか
どのくらいバカだったら、携帯プレーヤで音漏れするほど大音量で音楽を聴くのだろうか
どのくらいバカだったら、料金を払わずに改札を通り抜けるのだろうか

3手くらい先を読んでくれればやらない方が正解に思えてくると思うのだが。
それとも20手 くらい先を読むとまた違った答えがあるのか?

火曜日, 2月 26, 2008

Oracleホームページ

SQL DeveloperとOracle 10g Express Edition(XE)をダウンロードするためにOracleサイトへ。

相変わらず重くて使い難いな。Database売ってる会社のサイトがこのパフォーマンスの悪さで良いのだろうか。

ダウンロードも面倒で、毎回強制的にアンケートに答えさせられる。さらにOracle 10g XEはアメリカのOracleからしかダウンロードできず、ダウンロードにはあちらでのユーザー登録が必要。登録も会社の住所やら電話番号やらいろいろ書かされる。やたらに細かく聞いてくるから正直に答える気が無くなってくる。これって逆効果じゃないの?

という事でやたらストレスのかかる作業だった。

月曜日, 2月 25, 2008

若槻千夏ホームページ

何気なく若槻千夏のブログを見てみたらホームページのリンクが貼ってあった。
どうやら活動を再開したようだ。

http://wakatsukichinatsu.net/index2.html

古着の買付けは本当だった。ヤフオクにしたのね。

金曜日, 2月 22, 2008

人と出会う

現在仕事でお世話になってるところで、担当の人にプロジェクトが現在に至るまでの経緯を説明してもらったのだが、この説明してくれた人が非常に実績のある人で、実は大物であった。

内容は書けないのだが話も情熱的で、計算や打算ではなく「思い」が伝わってくるので聞いていて面白く、あーこの人すげーや、と素直に感心。お金払っても聞く価値のある話だ、と思ってたら実際にお金を取って講演などもしている模様。やっぱり心のある人の話は面白いな。

こういう人に人生のどこかで出会えるかどうかでも、人間の生き方というのものは変わってくるのではないだろうか。いや、もしくは自分の行動の結果、会うべくしてあったと考えるべきか?

いずれにせよ、同じチームでバイトで働いている学生の人なんかはとても良い経験をしていると思う。

それほどに印象的な好人物であった。

日曜日, 2月 17, 2008

映画短評

4本まとめてショートコメント。評価は10点満点です。

アース
地球がテーマの映画。

北極から始まり南極まで、人間の存在しない世界での大自然の生命の営みを高性能のカメラで様々な描き出している。動物たちの生きるための行動の不思議、太陽と水の大切さ、弱肉強食の仕組みなどについて感じるところがあった。人間はすでにこの生態系には絡んでいなくて、人間界だけで動物たちの生態系を表現しているのではないか。

予想していた程には環境破壊へのメッセージは露骨ではなく、NHKの「野生の王国」をハイビジョンの大画面で見ているような感じ。10代後半くらいに見ると人生においても何か影響を与えるものがあるのではないだろうか。

劇場にて鑑賞。9点

「オーシャンズ12」
オーシャンズが前作で痛めつけたアンディ・ガルシアの復讐に遭い、彼の雇ったヴァン・サン・カッセルとの対決に挑む。

12,13とまとめて鑑賞。11では11人を紹介しているだけで時間の大半を使ってしまった反省からか、12では彼らの説明は省いて純粋にストーリーを進行させている。が、11人いたところで、2時間で全員活躍ってのには失敗していて、ジョージ・クルーニーとブラピ以外は大した見せ場もなく終了。中には序盤で牢屋に入れられ、最後に釈放のシーンしかないなど、かわいそうな役の人も。どうなのよ、これ。

DVDにて鑑賞。5点

オーシャンズ13
今回はホテル王のバンク(アル・パチーノ)が相手。ルーベン(エリオット・グールド)を騙したバンクにオーシャンズが仕返しを企む。

今回は皆バランスよく活躍。問題としては毎度の事なのだが相手の魅力を引き出さずに終わるところだ。ライバルとなる相手が大したことないのでオーシャンズの活躍がかすんでしまっている。アル・パチーノを起用しておいてあの扱いはひどい。

アンディ・ガルシア、アル・パチーノと「ゴッド・ファーザー」たちを狙い撃ちしている感があるオーシャンズ。となると次の相手はロバート・デニーロか。ってことは”どーよ”のテルにも出番がくるかも!?

DVDにて鑑賞。7点

9シガレッツ
ダイヤモンドを巡って繰り広げられる9人の犯罪劇。メキシコで各賞を総なめにした作品。

"タバコと偶然"が話の中心にあり、随所にそれが見られる。ふとした偶然からストーリーが展開してゆくのだが、どうなるかが予測がつきにくく、こぎみ良い展開とちょっとしたユーモアもあって最後まで楽しめる。

ディエゴ・ルナとルーカス・クレスピは今後人気が出そうな感じ。

DVDにて鑑賞。8点

金曜日, 2月 15, 2008

MyMiniCity

My Mini CityでTheylive.jpの街を作りました。クリック数に応じて街が発展するらしいのでクリックにご協力を。

http://theylive.jp.myminicity.com/

日曜日, 2月 03, 2008

映画短評

DVD2本と劇場鑑賞を1本。
評価は10点満点です。

--- 「28週後」---
「28日後」の続編となるイギリスを舞台としたゾンビ映画。
ウィルスによりゾンビ化した人々は隔離政策と飢餓により死滅し、国外に逃亡していたイギリス人が戻ってきて、アメリカ軍による管理の下、生活を再開するが・・・。

全作ではそれ程有名な役者は出ていなかった気がするが、今回はロバート・カーライルが登場、大活躍している。パンフレットなどを見るとゾンビ映画ファンには賛否両論あるようだが、それは単なるスプラッター映画ではなくスリルがあり、且つこういう展開になるのかーと裏切られる部分もあって個人的には楽しめた。

グロい表現をどうこう言わずにゾンビ系娯楽映画だと思えば面白いかと。

劇場にて鑑賞 8点

--- 「ゴーストライダー」---
悪魔に魂を売った男の話。ニコラス・ケイジ主演によるアメコミ・の実写化。

どうでもいいストーリーだったが、シンプルかつ爽快で面白かった。個人的にニコラス・ケイジが大好きなのでそれだけの理由で評価が甘くなっているのは多分にあるかも。他の人なら見ていないだろうし、つまらないと思う。

彼は今回中途半端なヅラ被って頑張っている。途中ゴーストライダーに変身後は顔がCGになってしまうわけだけど、そういう場面でもニコラス・ケイジが演技してんのかな、なんてことが気になった。
あとガイコツになって悪と戦うって黄金バットみたいだな。まあ黄金バットは変身とかそういうレベルの問題じゃないけど。

ちなみに墓場で登場するサム・エリオットは「ライラ 黄金の羅針盤」の予告編でも同じ格好で出てましたw 役作りとかいいのかしら。

DVDにて鑑賞 7点

--- 「ミーシャ・バートンのSex in Ohio」---
不感症の女性が夫とは違う男性とのSEXとの姓を通じて快楽を得る話(違うかw)。

笑うには笑ったがどうでもいい映画。この映画を撮影する動機はなんだったんだろう。

以下ネタばれになるが、
妻が夫ではオーガズムに達しない為道具に頼り、やがて別な男性を求めて行動し、最終的に最適な男性を見つける(これがなぜかダニー・デビートw)。夫は妻をイカせられない自分を恥じ家をでる。そして慰めとして自分を尊敬するという生徒と良い関係に(最終的にハッピーなのかは謎)。最後まで夫婦が元の鞘に納まることは無く映画は終了する。結局何か、これは結婚や幸せというのはSexの相性だとでもいいたいのだろうか。

最後に、ミーシャ・バートンは学生として出演しているけどどう考えても主役ではない。そういう人物を”売らんかな”の精神でタイトルに持ってくるのは如何なものだろうか。ん、俺はひっかかったのか!

DVDにて鑑賞 5点

火曜日, 1月 29, 2008

「プレステージ」

最近見た映画の中では1番のヒット。

2人の奇術師の関係を描いたサスペンスで、借りたときは二人の奇術師の話、としか知らなかったので、騙し合いのようなものかと思っていたが、ちょっと違った。

この映画はあれこれ推測する前に見た方がいいね。多分予想もしない展開になるから。

出演はヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベール、そしてスカーレット・ヨハンソン
(マイケル・ケインとデビット・ボウイも!)。
クリスチャン・ベールは初めて見たけど、トム・クルーズを性格悪くしたような顔で、
今回の役柄にもはまっていた。スカーレット・ヨハンソンは今回は脇役に徹して
いたけれど、さすがに存在感あり。デビット・ボウイもかなりいい味を出していた。

監督は「メメント」のクリストファー・ノーラン。オススメです。

DVDにて鑑賞。 8点(10点満点)

木曜日, 1月 03, 2008

「石の猿」ジェフリー・ディーバー

俺の中での鉄板作家、ジェフリー・ディーバーの最新文庫。今回は蛇頭による密入国をテーマにリンカーン・ライムが活躍する。

もう彼の本を読みすぎて、登場人物すべてが疑わしくなる中、また別な展開で騙された。もはや予測不能です。

「復讐はお好き?」カール・ハイアセン

「このミス」第2位でしかも文庫、ということで購入。

夫に殺されそうになった妻が復讐を企て・・・。という話なのだが、冒頭から早速フェリーから突き落とされてる。。

ミステリーと思って読んでいたのだが、ハードボイルドでもなくノワールでもなく、殺人事件をベースにしつつも、どこかお気楽な雰囲気で物語りは進んでいく。映画でいうと「ホームアローン」とか、「パルカーヴィル」などのコメディーが適当かな。

最初はちょっと単調な気もしたけれど、物語は後半から加速し、どんどん面白くなる。登場人物は皆個性的で、クセのあるキャラクターばかり。特に夫のチャズはとことんゲスでとことん間抜けな野郎で、その彼がとことん追い詰められていく様は非常に痛快である。

ミステリーってのともちょっと違うと思うけど、このテイストはすごく好きだな。

パン屋

30日。近所のパン屋、サン・エトワールで朝食用のパンを購入。

そのときのレジの若い女性定員が野球帽を目深にかぶったまま接客を
していた。接客業してて帽子で顔隠してる奴なんて普通いねーよ。

サン・エトワールはヤマザキ製パン系列なのか。
デイリーヤマザキの接客レベルも低いからなー、と妙に納得。