土曜日, 9月 27, 2008

ヤマダ電機はビックカメラの息の根を止めるか

ヤマダ電機が三越池袋店跡に進出だそうな。
俺の目には戦争的行為的な経営戦略に見えるのだが・・・。

本格的な都心進出を狙うヤマダは、足がかりとして業界5位のビックカメラに狙いを定めたようだ。

ビックカメラ本店横のLABIから始まり、同じくビックのある有楽町駅隣の新橋駅に2点、さらに渋谷店のオープンと今回のニュースと続き、オセロゲームのような配置が目立つ。

ここから分かるはビックとの共存するつもりはハナからなく、ビックをつぶしてその顧客を得たいということだろう。将来的には買収を見込んでいる可能性も高い。


池袋に長くかかわりがあるので、個人的には池袋に本店を構えるビックカメラに愛着がある。
それを外から力づくで攻め落とそうとしているヤマダには好感が持てない。


俺が何を言ったところで、消費者は安い方を買うだろう。戦略的にも正しい行為なのだろう。ビックの店員も決して質が高いとは言えない。それでも心情的にはビックカメラを応援したい。

というわけで
ビックカメラには是非ともこの難局を乗り越えてもらいたい。

金曜日, 9月 26, 2008

FX投資

週末にFX、信用取引、eワラント、日経225と4つの投資系の入門書を購入。

どんな金融商品でもやってみないとわからない、何事も勉強、ということでFXの口座を開設しようと申請したのだが、ジョインベスト証券にあっさり断られ、出鼻をくじかれた。

株での運用実績などからみて経験不足と判断されたのだろう。危ないという判断をしたのは理解できるが、実際は自分が低く評価された時点で不快感でいっぱいだ。何様やねん、と。

否認理由が分からないから再申請もしていいのか不明だし。


別なところも同時に検討中ではあるが、
そちらの審査は通るのだろうか・・・。

金曜日, 9月 19, 2008

やりすぎコージー ゴールデン進出

「やりすぎコージー」が10月から月9に移動だそうな。
これは一時的なものだろうか。
「カンブリア宮殿」など真面目な内容の前になんて番組を・・・。

ゴールデン向きにトーンダウンして終わらないといいけど。
http://www.tv-tokyo.co.jp/yarisugijp/080913pop.html?pop_07

月曜日, 9月 15, 2008

電子化はどこまでゆくか

最近CDをレンタルしてハードディスクに入れてPCで聞くようになった。

まあ今更な話ではあるのだが、HDという記憶媒体の大容量化によって音楽データのみならず映像までもHDに入れておくことが可能になった。

そしてこの大容量化は劇的に人々の生活を変えてゆくきっかけとなるのではないかと思う。

まずCDやDVDをHDに入れるメリットはいつでもPCで聞ける、見られるという事だけではなく、スペースの節約になるということである。

これまではCDでもアルバム100枚も持っていればどうしてもそれを収納する物が必要になる。それ専用の棚やケースも売られているが、まずそれがHD1つに収まるようになる。大きな家に住むアメリカなどならいざ知らず、狭い部屋で暮らす日本人には省スペース化のメリットは大きい。

そうなるともうひとつ電子化が可能で家のスペースをとっているものがある。本棚だ。
すべての書籍を電子化してしまえば、この本を置くためのかなりのスペースや高価な棚が不要になる。地震が来て本棚が倒れるといった心配も不要だ。

省スペース化の一方、ゲームは既に一部でダウンロード販売が始まっているが、いずれ本、DVDも本格的にダウンロード販売に移行していくことだろう。

すると何が起こるか?
まず不要になる施設だが、本屋、図書館は必要なくなるか、無人化が可能だろう。コンビニでもマンガを売らなくなるかダウンロード販売するようになる。レンタルビデオ店も不要だ。現在はWebで注文してDVDが届くサービスをしているが、DVDは不要になるだろう。CD・DVDショップもほぼ不要だ。視聴コーナーだけであとは直接自分の携帯音楽プレーヤーにインストール販売だ。もしかしたら直販が可能になり仲介業者は存在できなくなるかもしれない。

姿を変えそうなものについても考えてみる。
映画は劇場公開を待たずに見られるようになる。映画館は電子化された映像を大迫力で見るための空間となり、料金は劇的に安くなる。カフェはネットカフェの要素を取り入れオープンな電子スペースへと姿を変える。テレビは時間にあわせた放送をする意味がなくなり、見たい番組を選択して好きな時間に何度でも見られるようになる。

さらにそれに連動して様々な作用が次々と起こる。人間の活動は便利であれば多少の障害があろうともそこへ向かう。大きく変わらないのは衣・食・住という基本的活動くらいか。

自分の生きている間にどこまで変わるのか楽しみだ。

木曜日, 9月 11, 2008

「ビーフカレーインド風」


「ビーフカレーインド風」忘れようも覚えようもない斬新な名前。まさにそのまんまだ。

N2ショッピング内のタカノコーヒーで取り扱っている一品。カレーを扱っているコーヒー屋さんが以外と多いのはなぜだろう。相性がいい気もあまりしないけど。。

引越し祝いでもらった(感謝)のだが、程よい辛さでおいしく頂きました。

プリングルス スモーキーサラミ味


大好きなプリングルスの期間限定新メニュー。
まあまあかな。味が強く、次から次へと食べたくなるのは相変わらず。

「現代の金融政策」白川方明


現在の日銀総裁が偶然にも総裁就任直前に出した本。金融について学んでいるところで、非常に勉強になりそうなので買ってみたが会社に置いてきてまだ1行も読んでない。下巻もあるのでどこかで時間を見つけてじっくり取り組もう。

考える技術・書く技術


今まで店頭に並んでいても興味が湧かなかったのだが、心境の変化から読んでみることにした。文章の構成を主題を頂点としたピラミッド構造にすると読み手に対して分かりやすい文章になる、ということらしい。

この本を読んでブログを通じて文章力を鍛えようと考えているが、どうにも本が読み進まないのは内緒だ。