月曜日, 6月 13, 2011

原発の是非について考える

東日本大震災を契機に、原発の是非を巡る議論が活発化している。
自分はただの素人なのでざっくりと自分なりに考えてみる。

積極推進論 Aさん

原発は他の資源に比べて発電効率に優れているんだよ。原発反対派は感情論ばかりで代替案がないじゃないか。太陽?風力?条件が揃わないと発電できないようなものにどうやって頼るの?

原発を推進しようよ。

そりゃあと何回か事故は起きるだろう。何人か、何百人か、運が悪ければ何万人かの死者もでるだろう。でも多分死ぬのは自分じゃない。輸出もしようよ。どこかの国ではテロで原発が攻撃されるようなこともあるだろう。でも多分自分の国じゃない。戦争と震災が同時に起こるかもしれない。でも自分の生きてる間じゃない。

技術が進歩していずれ問題は解決するさ。


消極的現状維持論 Bさん

原発が危険なことは十分に分かった。でもとりあえず電力は必要だよね。今更生活レベルを落とすというのは受け入れがたいし、いったい何年戻すつもり?何か矛盾を感じるよ。

今問題が起きていない原発が明日、明後日に問題を起こすとは考えにくいからとりあえずは動かしていてもいいんじゃないかな。動かしながらその他のエネルギーも研究しようよ。イノベーションが起これば原発は不要になると思うし。原発だってイノベーションが起こるかもしれないよ。そうすれば何も問題ないじゃないか。飛行機だって自動車だって何度も失敗を繰り返しながら今の形があるんだぜ?

技術が進歩していずれ問題は解決するさ。


積極的反対論 Cさん

今回の事故で原発がどれほど危険なもので、制御できないものか十分に分かっただろう? 彼らは未だに原子力をコントロールできていないんだ。 推進派は自分らのビジネスのために安全なところから勝手な事を言ってさらには嘘までついて、犠牲になる人の事を何も考えていない。そんな心の無い人たちの都合の良い意見を聞いて騙され続けるなんて我慢ならない! そもそも被爆国であることを忘れたのか?核の悲劇を最も知っているのは我々じゃないか!

原発は今すぐ停止しよう。歴史から学ぶべきだ。太陽光、風力、その他まだまだやりようがあるじゃないか。今からでも遅くない、いや、今だからこそ始めるべきだ。発電効率が悪い? そんな現状を基準に何を言っているんだ?どんどん新しい技術が発明されているのを知らないのかい?

技術が進歩していずれ問題は解決するさ。


結論
こんな結論に持っていくつもりじゃなかったんだけど、今後、様々な技術が研究され、最も優れたものが勝ち残るんだろうなということになった。

時代とともに隆盛は変化し、いつの日か原発が主力でなくなる日がくるだろう。でもその日までは原発も1つの選択肢として残り続けるのだと思う。どの技術がイノベーションを起こすのかは分からない。でもイノベーションが起これば現在の問題は問題では無くなる。原発もまた然りだ。犠牲は伴うかもしれないが、可能性をつぶす必要はない。

ような気がする、ということでおしまい。

0 件のコメント: