月曜日, 7月 04, 2011

松本復興相、宮城県知事と会談

松本復興相が宮城県知事との会談で遅れてきた知事を叱責。


こういう人が政治家やってるだけでも残念な気分になるのに、復興相にまでなってしまうのだから民主党はどうかしている。

まず初対面でこれほど命令口調で「対等」の関係の相手に対して物を言うという神経が分からん。さらには時間まで相手を先に席に着かせておくのも特に問題はないのに勝手に怒って握手拒否。あげくに説教しておいて、それをマスコミ口封じ。もう辞任して欲しい。

という感想はともかく、朝からこの話題で持ち切りとなった(?)今日、各マスコミ(新聞社)はどこまで報じたのかをネットで確認したところ、VTRを流した東北放送意外はどこも「ちゃんとやれよ」の意味不明な指示の部分と、知事の遅れの叱責のところまでしか記事にしていない(産経新聞だけは松本知事のコメントとして間接的に扱ったが)。

ただしVTRでは「オフレコだぞ、書いたらその社は終わりだから」とはっきり脅しをかけているのだ。なぜマスコミはここを書かない。この脅しこそが重要で、彼のこれまでの政治スタイルを表し、政治家としての資質に疑問を投げかけているのではないの?

たしかに別な見方としては約束通りにオフレコにしましたよ、と従いつつ、他の発言をすべて報じるというマスコミの巧妙な反撃とも取れなくもないが、これは本来的な意味でのオフレコのルールに沿ったものではなく、単なる脅迫としか思えないのだからしっかりとここも批判して欲しかった。

映像で目にした事が報道されない奇妙さを味わうのはとても気持ちの悪いものだ。

0 件のコメント: