月曜日, 7月 16, 2012

分析よりも実行を

私は「なぜ日本では何々が作れなかったか」という問いが嫌いだ。

新聞やネットの記事を見ていると「なぜ日本では何々が作れなかったか」系の記事を見かけることがある。この手の記事を見ると自然とむかむかしてくるのでなぜそう思うのかを考えてみることにする。


  1. 世界中で誰か一人しか実現していないことに対して必ず当てはまるのでそもそも問いに意味が無い。
  2. 日本にしか無いものもたくさんあるのに日本人が最初の場合には同じ問いを立てない。またはガラパゴスと呼ぶ。
  3. 記事を書いた人は"作れなかった人々"の一部どころかその最たる存在に見えるのにまるで外にいる発言のように読める。
  4. 新しい物を生み出すタイプの人物はそもそもこのような考え方をしない。よって記事に影響を受けない。

他にもあるような気がするが、とりあえず思いつくところはこんなところかな。
要は自己批判好きな日本人らしいマイナスの発想であり、したり顔でその手の原因分析してるような連中には一生何かを生み出す事なんて無いということだ。


楽しいものは何かを考え、思いついたら始めればいい。
その始めやすさ、成功しやすさに国ごとの差があるかもしれないが、
どちらにしても成功者は一握りだし、結果を外部要因のせいにするべきではない。


0 件のコメント: