水曜日, 8月 15, 2012

ソラニン鑑賞

映画「ソラニン」をレンタル鑑賞。


宮崎あおい出演の映画を観るのは初めてだったのだけど、彼女の演技力にまず驚いた。


自分は邦画は殆ど観ることがないというかむしろ避けていて、
その理由はストーリー展開や役者達の演技に違和感を感じて
観ていられなくなることが多いからなのだが、
彼女のセリフや表情には少しも不自然さを感じることがなかった。
相対的に彼氏役の高良健吾君のまずさが目立ってしまっていたのだが、
それくらい彼女の演技の自然さが際立っていた。


しかしながらストーリーはやや不満で、展開の必然性に疑問符が付くシーンが多く、
そうしなくてももっといい作品にできたんじゃないかと思ってしまった。
まあマンガが原作だから大きく筋を変えるわけにはいかないんだけど。


この映画の収穫は宮崎あおいがただただ可愛かったこととサンボマスターの
近藤さんの演技が良かったこと、そしてアジカンの曲がハマっていたこと。


宮崎あおい出演の他の作品も借りてみる事にしよう。