木曜日, 10月 03, 2013

消極的なメンバー内で意見を拾う

チームメンバーに積極的に発言する人物がおらず、決定がリーダー(あなた)の独断になってしまいそうな時に意見をうまく出させる作戦。

消極的参加者の場合、「どう思う?」なんて聞いても大した意見は出てこない。なぜならその人はその課題について本気で取り組んでいないから。こうなると正解も不正解もあなたの判断次第で決定せざるを得なくなる。チーム外に相談する人がいない場合は精神的にも大変だろう。


という事で対策。
まずある課題に対して担当を割り振り、細かな指示ではなく解決策含めて考えさせるように仕事を与える。

そうすると担当者は自分なりに考えた意見を基にアウトプットを出してくるのでそれに対して自分の意見をプラスしていく。こうすれば少なくとも2人分の意見が揃う。

複数人に同じ課題を出せばもっと多くの人の意見が得られるけど、コストが見合わないだろうから2人分だけでも十分かと。